ニュース

ニュース記事一覧

年末年始休診日のお知らせ

2022年12月8日

平素より当クリニックをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2022年12月29日(木)~2023年1月4日(水)までの間、診療は休診とさせていただきます。
なお、1月4日(水)は、医療機関様ご紹介の検査予約のみ承ります(9:00~17:00)。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

<さいたまメディカルタウンTimes駐車場ご利用の方へ>

2022年11月24日

当クリニックを受診される方におかれましては、受付時~お会計時までの時間につきまして
駐車料金をサービス致します。お会計時に必ず、駐車券をご提示ください。

【アクセス情報】

血液中の『エクソソーム』から早期の膵臓がんリスクを判定する
【テオリア検査™】のご案内

2022年10月26日

早期発見が難しく、他のがんに比べ5年生存率が低い膵臓がん。さいたまセントラルクリニックでは、
膵臓がんをより早く発見する取り組みを行っています。

膵臓がん

自覚症状が現れにくい膵臓がん。背部痛や体重減少などの症状を自覚し始めるころには、すでに
がんが進行した状態になっていることも少なくありません。また、膵臓は体の奥の部分にある臓器
であり、一般的な検診で実施している腹部超音波検査では膵臓全体の描出が難しいことも発見が
困難とされる一因です。

エクソソームからがんの情報を検出

細胞から分泌されるごく小さな物質『エクソソーム』。研究によりエクソソームには細胞から細胞へ、
遺伝情報を運ぶ働きがあることが分かってきました。膵臓がん固有の情報をもつエクソソームを
検出することで、身体の中に膵臓がんの細胞が存在する可能性を探ることができます。

血液検査でできる膵臓がんの早期リスク判定

【テオリア検査™】はエクソソームを使った新しい検査で、通常の検診と同じように静脈から数mLの
血液を採取し検査することができます。血液からエクソソーム由来の膵臓がんのリスクマーカーを
測定し、健常人の平均と比べて高い場合は高リスク、低い場合は低リスクと判定されます。

高リスクの場合は、がんに罹患している可能性が健常人よりも高いため、さらに精密検査を受けることを
お奨めしています。どのような検査を受けたらよいのか、検査後にご案内いたしますので医師へ
ご相談ください。

こんな方にお薦めします

  • ご家族に膵臓がんに罹患された方がいる
  • 糖尿病を患っている方
  • 膵石症のある方
  • 慢性膵炎を患っている方
  • 膵嚢胞(膵腫瘤)を指摘された方
  • 膵管内乳頭粘液腫瘍を指摘された方
  • 肥満の方、喫煙されている方、飲酒量の多い方

※テオリア検査™は保険適用外の検査です。
※テオリア検査™は、テオリアサイエンス株式会社が提供する検査です。当クリニックより検査を委託して実施いたします。

【テオリア検査™】についてのご相談、お問い合わせは検診部までご連絡ください。

<検診予約直通> TEL:048-658-3720

10月29日(土)臨時休診のお知らせ

2022年10月3日

平素より当クリニックをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2022年10月29日(土)は臨時休診とさせていただきます。

終日、お電話もつながらなくなります。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

「心と心・通信」掲載のご案内

2022年08月9日

この度、心と心・通信vol.8 を掲載いたしました。ぜひご覧ください。

心と心・通信 vol.8 「『突然起きる』心臓病を予防するには」

「心と心・通信」掲載ページ

   
×
メニュー